<< メリークリスマス☆ | トップ | 謹賀新年 >>
0
    クリスマスのおもいで
    ↓ウチののクリスマスオーナメント♪
    F1000317.jpg
    かれこれ40ねんモノw



    クリスマスの思い出といえば
    私が小6まで、ウチにはサンタさんが来てました
    朝、起きると、枕もとに、プレゼントがおいてあって
    毎年、朝から大興奮した思い出があります。

    今でも覚えているのは
    6年生の時、サンタさんからの最後のプレゼントだった
    「手芸の本」
    4年生くらいの時もらったは「算数博士」っていう、
    算数の問題を解くゲーム
    それから、サンタさんがなんだかわかってないくらい
    小さい時に、靴下の形に添って入っていた「バナナ1本
    とか、「プラスチック製のミニスキー」も、もらった事ありました
    中でも、強烈な思い出は3年生くらいの時のもらった
    電熱で、本物のホットケーキが
    焼ける「ママレンジ」は、自分がすごくほしいモノだったので
    すごくうれしかったです
    そして「ママレンジ」に、¥3980の値札シールがついてあったのも鮮明に覚えています...
    当時は、おもちゃの値段なんて眼中になくて、
    ただ、純粋に「ほしいモノ」としての価値観しかなかった私に
    夢と現実というコトを気がつかされたトキでもありました。

    そんなコトもあってか、「ママレンジ」は、いつまでも
    私の大切なモノののひとつです。

    おかげさまで、私は
    ほしいものや、やりたいことが
    手に入るというコトとの裏側には
    おもいやりの気持ちがあるコト
    そして
    そこには、気持ちだけでは伝わらない
    お金が必要で
    お金を稼ぐ為の苦労があるから
    幸せが産まれるコトを
    わかる人間になれました。

    人を騙して、お金を得てる人には
    わからない、「賢者の贈り物」

    サンタさん!ありがとさん
    今日の出来事 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.themelancholy.net/trackback/981408