December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スケートスクール@ハックルベリー2

スケートスクール@ハックルベリー2は
あこがれの豊田貢さんの「バーチスクール」を受けたお話です! 


大宮在住ハックル育ちの、田中家に、便乗して
とうとう、バーチカルデビューをするチャンスにめぐまれました

私が、スケボーをはじめた頃。
「アニマルチンを探せ」のビデオなどの影響で、
バーチカルランページにあこがれていましたが
「あれは、私達の次元ではなく、ビデオの中の人がやってること」
と、ずっと思いこんで25ねん。
日本では、環境がなくて、文化が薄いバーチカルランページですが
実は、アメリカでは、私とおなじ年くらいの
「おっさん、おばさんが、ふつーに、バーチカルランページを楽しんでいる」
と、いう話を豊田さんから聞いて、
しかも
豊田さんが、バーチカルランページを教えてくれる!
スクールがあるというコトで、挑戦することができました♪

当時、憧れの、トニーホークや、クリスチャンホソイと一緒に
アメリカでも活躍し、サンタクルーズから日本人初のシグネチャーをだした
豊田貢さんに、私みたいな、へっぽこにも
レクチャーしてもらえる機会を
つくってくれた、ヨッシーさん、本当にありがとうございました!

そして、他の参加者の皆さんが、エレベータードロップしている中
下からの、パンピング、ターンで、私に、新しい、世界を教えてくださった
豊田さん。本当にありがとうございました!

「スケボーは、自分との戦い」と、いうこと。
久々に実感して、へんな汗いっぱいかきました(苦笑)
でも
スケボーは、それがいい!
オトナになればなるほど、
知恵がついて、挑戦の道を逃げてしまうものですが
スケボーは、自分に勝つコトが
自分自身の成長です。

今回、この歳にして、スケーボーを通して
スケボー的にも、人間的にも成長することができました

そして、「50歳になったら、アメリカの50歳からでれるコンテストにでる」
と、さらに、進化し続ける、豊田貢さん、
豊田さんに続いて進化しているよっしーさん
ハックルベーリーマスターズのみなさん。
心からリスペクトしております。

私も、進化するスケートボードに
挑戦し続ける新たな目標をもちました

今の日本の、スケート環境は、
なかなか、アメリカのスケート文化に近づくのはむずかしいトコロではありますが
お金を稼げないKIDSよりも、私達、オトナが、スケートをして、
スケートでお金をまわせば
スケートで、夢を現実にする、環境がすぐやってくると思います。

「スケボーじゃ飯喰えないからやめる」といっていたTeenAger!
おっさん、おばさんが、そんなことは、させませんからねっ

P.S
今回、滋賀まで、私を連れてってくれた
田中家のみなさま、
私を宿泊させてくれた吉田家のみなさま
本当にお世話になりました。

pagetop